Home > 墓地での故人の埋葬の方法について

墓地での故人の埋葬の方法について

人が亡くなってしまった場合、その家族は故人が安らかに永眠をすることが出来るように、また、死後の世界でも豊かに存在が出来るようにとの意味を込めて、故人の遺体は丁重に埋葬をされることとなります。この遺体の埋葬の方法は様々ですが、万国共通の故人を弔うための非常に大切な儀式となります。それでは、この遺体の埋葬の方法にはどのようなものが有るのでしょうか。まず代表的なものとして『火葬』という方法が有ります。この『火葬』とは火葬場で遺体を焼却をして、その遺骨を墓地に埋葬をするというものです。現在、日本ではこの『火葬』が最も多く執り行われている死者の埋葬方法となります。次に『直葬』という方法があります。この方法は葬式をおこなうことなく、火葬と遺骨の墓地への埋葬のみを執り行うことを指します。そして、『土葬』という方法もあります。

この『土葬』とは遺体を焼却などをせずに、そのまま土中に埋葬をする方法となります。この方法は実は日本では法律で禁止されているわけではありませんので、法律上問題は無く、一部の地域では慣習としてこの『土葬』が執り行われている地域もあります。ただし、地方自治体によっては条例として『土葬』を禁止している地域もあります。また、新しい方法として『冷凍葬』という方法も登場をしています。これはスウェーデンで開発をされた技術で遺体を液体窒素で凍らせてそれを粉砕をし、乾燥をさせて埋葬をする方法です。このように、墓地に遺体を埋葬する方法も国や地域によって様々ですが、最近では墓地に埋葬をしない死者の葬り方も注目を浴びています。代表的なものは『散骨』という方法です。これは遺骨を自然の中の川や山、海や森などに撒いて、死者を自然に還すという方法です。この方法は一部の地域では条例にて禁止をされている行為となりますが、ほとんどの地域では法律上は問題は発生しません。ただし、環境問題として糾弾をされてしまうこともありますので、十分に注意が必要となります。他にも、とてもユニークなものとして『宇宙葬』という方法もあります。これは遺骨などをロケットやバルーンで打ち上げをして、宇宙空間にてその遺骨を散骨をするという方法です。

文字通り『空のお星さま』になれるということで注目を浴びている埋葬方法の一つです。このように、死者の埋葬の方法は多種多様で多くの種類が有ります。自分に最適な埋葬方法を選択するというのも、死後の世界で安眠するためにも重要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*